お腹にセルライトができる原因と解消方法

お腹にセルライトができる原因は、色々ありますが、代表的なのは運動不足です。運動不足になると脂肪が増加し、セルライトができやすくなります。脂肪の蓄積を防ぐには、筋肉を使わないといけません。食生活の乱れも原因の一つで、普段から脂っこい物や糖分が多い食事ばかりしていると、脂肪分が多くなり、セルライトができやすくなります。特に、添加物や保存料が多い食品は、脂肪を蓄積しやすいので控える必要があります。

続きを読む お腹にセルライトができる原因と解消方法

お腹にできた脂肪線を解消する方法について

脂肪線。それは、体のいたるところに出来る可能性があるものです。基本的には体型の急激な変化によって、肌の奥である真皮層に亀裂が生じてしまう事が大きな原因となっています。真皮層の亀裂なのが根本にあるため、できてしまうと完全に修復するのは非常に困難です。たとえば、軽度のひっかき傷なら数日から数週間で気にならなくなりますよね?しかし、大きな傷跡や手術痕などは薄くなっても完全に消えることは難しいものです。これは、その傷が真皮層まで達しているのが原因なのです。脂肪線も、傷痕ではないにせよ真皮層の亀裂が影響しているため、完全に解消するのはなかなか難しいものです。

続きを読む お腹にできた脂肪線を解消する方法について

BBクリームと化粧下地との違いについて解説します。

BBクリームは多機能型の化粧品です。一般的には、洗顔後、基礎化粧品で肌を整えただけで、そのまま付けられるファンデーションという認識で通っているように見受けられます。
もともとの意味は、ブレミッシュバームと言われ、傷があっても使えるクリームという意味になります。美容外科の手術や施術を受けたり、刺激に弱い肌に対して、痛みや刺激から守ったり、鎮めたりするために開発されたクリームのことを指したそうです。使われるうちに、肌の保護や保湿機能、肌の再生を促す機能に着目され、化粧下地とファンデーションを兼ねたメイク用のクリームとして開発され、爆発的な人気を呼ぶようになりました。
両者の違いを解説すると、化粧下地はファンデーションをつける直前に使い、肌理を整えて美肌に見えるようにします。肌質により種類があり、化粧ののりや持ちを良くするための土台としての働きがあります。一方BBクリームは、化粧下地を兼ねたファンデーションというだけでなく、保湿クリーム、コンシーラーや日焼け止めの機能も備えているオールインワンのベースメイクとなっています。朝の忙しい時間でも、1つだけで手間を取らずにつけられ、休日に近場に出かける際にも、すぐにクリームを付ける感覚で塗り広げるだけで済むため、便利になっています。

40歳からのおすすめファンデーション