お腹にセルライトができる原因と解消方法

お腹にセルライトができる原因は、色々ありますが、代表的なのは運動不足です。運動不足になると脂肪が増加し、セルライトができやすくなります。脂肪の蓄積を防ぐには、筋肉を使わないといけません。食生活の乱れも原因の一つで、普段から脂っこい物や糖分が多い食事ばかりしていると、脂肪分が多くなり、セルライトができやすくなります。特に、添加物や保存料が多い食品は、脂肪を蓄積しやすいので控える必要があります。

お腹にセルライトができる原因は、老化もあります。歳をとると代謝レベルが低下します。老化現象が起こると筋力が低下し、脂肪組織の保持が難しくなるので、老廃物の排出が妨げられることになります。そうすると老廃物と脂肪が混ざるので、セルライトができやすくなるのです。お腹のセルライトの解消方法は、温度を高めてマッサージすると効果的です。セルライトの気になる部分を温め、その上で、マッサージで揉み出すとよいです。お風呂などでカラダをしっかりと温めながらマッサージするとよく、自分の手を使ってマッサージするのが最適です。これに、食生活の改善と運動やストレッチを組み合わせればなお効果的です。

妊娠線を消すクリーム