頭皮や髪に悪影響な生活習慣について解説します。

頭皮や髪に悪影響な生活習慣は非常にシンプルで、お肌を悪くする習慣なのです。
これに該当する方がいれば、頭皮状態も悪くなっていると考えていいでしょう。

食生活で注意するべきことは、脂肪の摂りすぎにあります。
皮脂は潤い力を維持するために必須ですが、摂りすぎると抜け毛を促します。
顔がベタベタすると感じるようなら、脂肪を摂りすぎている可能性があります。
頭皮に最も近いのは顔なので、顔の皮脂状態で判断するとわかりやすいです。
また、タンパク質や亜鉛、ビタミンB群などが不足する食生活にも注意しましょう。
髪の原料が不足すると、全体的にやせ細って地肌が目立ってきます。

過剰なストレスにも注意する必要があります。
育毛サロンの毛髪診断士の解説によると、女性の薄毛が増えた理由はストレスにあるとしています。
過剰なストレスを感じている方は、ストレス性の薄毛を招きます。
ストレスの原因は多岐にわたりますが、最も強く影響するのは睡眠不足だと言われています。
質のよい睡眠を取れていない方は、抜け毛が増えて薄毛になりやすいのです。
夜ふかしをする習慣がある方は、質のよい睡眠を得ることはできません。
早寝早起きは健康によいと言われますが、細胞のターンオーバーを活性化させるためにも理にかなったことなのです。

女性の抜け毛対策